忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(331) コニー・ウィリス『リメイク』

rimeiku.JPG デジタル化された俳優を使ったリメイクばかりが製作される近未来のハリウッド。映画マニアの大学生トムは、パーティで美しい女子学生アリスに出会った。アステアに憧れるアリスは、実現不可能な夢を抱いていた。いまや製作もされないミュージカル映画で踊りたいというのだ。だが、ある日トムは、1950年代に作られた映画で踊るアリスを見つけた。いったいどんな方法で…?恋とダンスと映画でいっぱいの心ときめく物語。
 

 ロマンチック・コメディ的な物語。

 今年に入っての初めてのSFです。最近は歴史の本やサッカーの本などに浮気をしており、本妻をほったらかしにしておりました。

 本作は梗概にもあるように、コンピュータグラフィックスが進化した世界で、生身の俳優を使う必要がなくなり、昔の映画のリメイクばかりがなされている映画界を描いた作品です。その中で、フレッド・アステアに憧れる少女アリスと映画マニアの大学生トムの恋物語が展開されます。王道ですが、二人はひかれ合いながらも、すれ違いをくりかえし、古き良き時代の映画同様のストーリーが小説でも展開されるのです。

 その「古き良き時代」とはミュージカル全盛の時代。フレッド・アステアの活躍した時代です。ミュージカルは1960年代に死んだと作中では語られていますが、僕はときどきその時代の映画を見たりするので、物語の展開が非常に楽しく、踊り手のステップも脳裏に浮かび、非常に楽しめました。なにより、主人公やヒロインよりも、脇役のヘッダという女性がすばらしく、僕は惚れてしまいました。「いい女」とは、彼女のためにあることばでしょう(概して僕はどういう物語でもこのような人物類型にやられてしまうのです)。

 ジャンルとしては、いわゆるサイバー・パンクにも属する作品のように思えました。コンピュータにアクセスしての作品の改竄、合法的なドラッグなど、女性作家が描くためなのか、それとも、それこそミュージカル的なのか、それでも陰惨な雰囲気には陥らない健全さがありました。
 ところで、主人公は映画作品の中のタバコやアルコールを削除することで、生活費を受け取っているのですが、過剰な自主規制を行わざるをえない映画界の事情がエスカレートしていくと、こうなっていくのだなあと興味深かったです。現在の状況をエスカレートしていくとこうなるぞ!というSFの醍醐味をこのあたりに感じました。

 さて、コニー・ウィリスという小説家に初挑戦とあいなりました。この作品もローカス賞を受賞しているということですが、数々の賞を受賞している誉れ高い作品がほかにもたくさんあるようなので、それらの作品にも挑戦していってみたいと思います。『ドゥームズデイ・ブック』など、作品紹介を見ているとおもしろそうだなあ!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]