忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(242) 「S‐Fマガジン」1966年4月号

img187.jpg


野田宏一郎「SF実験室⑨空想未来歴史学」

 SF作家の未来予想。この1966年くらいは、どう予想されているか?というお話。

筒井康隆「カメロイド文部省」

 カメロイドは地球型惑星だったが、少し違った――ちょっとの違いが大きな違いであることがあるような意味で!

 筒井さん、のってます!やっぱり、カメロイドの文部大臣からの手紙が抱腹絶倒です。ラストシーンもすごいと思います。

ディノ・ブツァッティ「戦艦の死」

 降伏寸前のナチスドイツが秘密裏に建造した幻の超弩級戦艦〈死〉の全貌、ここについに公開さる!初めてご紹介するイタリアSF!

 うーん。秘密建造された最終兵器というのは、この時代にはリアリティがあったのでしょうか。僕にはちょっとよく楽しみ方がわからなかった。

ジェイムズ・E・ガン「泡の女」

 味も香りも、文句なしのビールができた。ただ問題は、コップにつぐと、アワが盛り上がって裸女の形になることだった!

 うん、面白いファンタジイです。非人間にひかれる物語というのはすきなのですが、最後もそんな願望にふさわしく、ハッピーエンドでよろしいんじゃないでしょうか。

久野四郎「五分前」

 予知能力を持っていると、もしあなたの友だちがいっても、うっかり羨まないほうがいい。たとえばこんな話がある・・・・・・

 ふつうのお話ですが、なかなかツボをついていていいです。

草下英明「暗殺者」

 アンドレイ・クザコフこと草下英明氏のユニークな科学評論はすでにお馴染みですが、ここに登場するのは氏の多才ぶりを示す異色SFです

 暗殺のお話です。バリアーが核になっていますが、いくつかのSFアイデアがあって、そのぶんは豪華です。

特別掲載 二つのレム会見記

 うーん、作品をあんまり読んでいないせいか、そこまで面白くない。本人は「ソラリス」がお気に入りなようす。

SFスキャナー

 ハインラインの児童SFについて。

石川喬司「SF DETECTOR」

 筒井康隆「48億の妄想」刊行。絶賛。

さいえんす・とぴっくす

 七個のすい星が地球に衝突(米)一千万年に一個だそうです。

ジャック・ヴァンス「海への贈り物」

 その白い半透明の触手に、海中へ引きずりこまれようとしたとき、彼は仲間の消えた原因を悟った。だが、その生物は・・・

 ヴァンスです。ちょっと、期待しすぎていたので、○ですが、やっぱりしっかりした面白さがあります。手旗信号のようにコミュニケーションをとる様子がなんだかかわいらしい。ジョージ・R・R・マーティンはヴァンスのファンだそうですが、この作品はタフシリーズの守護者に似たところがありますね。

小原秀雄「SF人類動物学②二〇世紀のホモ・サピエンス」

 人類はほかの動物にとっては害獣だよなあと思いました。

大伴昌司「トータル・スコープ」

 『二〇〇一年、宇宙の旅』クランク・イン。『都と星』『宇宙への序曲』『宇宙の島へ』『太陽系最後の日』を再構成した壮大な宇宙叙事詩であるとのこと。そうだったのか。

豊田有恒「ゲーム・オン・ザ・ロック」

 信じようと信じまいとそれは読む人の自由。ぼく自身にも真実性に自身はないが、まあ、とにかく読んでみてください。

 超能力もの。小松左京氏のものに、同じようなものがありましたね。女性はこわいという男性の心理が表れた作品ですね。

リチャード・マティスン「機械の兄弟」

 彼は歩きつづけた。機械の人間と、生身の人間との行き交う街の中を。人間らしく死ぬ自由を、ただそれだけを求めて!

 題名ですでにネタバレですが、小説の中の描写が未来社会をきちんと描こうとしていて、その上でテーマに踏み入っているのが好感度が高いです。こういうオプティミズムな作品は好きですね。そして、ロボットという疎外された存在に、僕は感情移入してしまいがちなことにも気づきました。

ジェイムズ・H・シュミッツ「トラブルはごめんだ」

 その醜悪な生物のインタビュウは、ごく短時間でおわった――ただ、だれひとり予期しないかたちではあったけれども・・・・・・

 こういうラストは好きですね。どうにも解決しようもない。そのぶんだけ、痛みや不安が倍増して、ホラーな雰囲気を余剰に漂わせる。すてきな宇宙生物を描く作家です。

光瀬龍「百億の昼と千億の夜」

 エレサレムのところ。

 総評:ベストは「カメロイド文部省」。傑作です。もう傑作ばかりですね。シュミッツやヴァンスなどの大家は、期待が大きいだけに、少し平凡にすぎるかなあと思ってしまいました。ガンの作品は独特の雰囲気があって、なかなかよかったです。
 人気カウンター順位①百億の昼と千億の夜②時間泥棒(シェクリイ)③危険な関係(ワイマン・グイン)④秘密6号(ヴォクト)⑤世代革命(生島治郎)。うーん、シェクリイはやっぱり人気あります。ウィットに富んでいておしゃれな感じですよね。「危険な関係」は地味さが災いしたと編集部の人は分析していますが、三位になっているのを考えると、すごく評価しているみたいですね。確かに福島氏が志向するハイブロウなSFに近いんじゃないかと思いました。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]