忍者ブログ

SF素人が空想科学小説に耽溺するブログ。

モラトリアム

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SF読もうぜ(366) アンディ・ウィアー「火星の人(下)」

火星に一人取り残されたマーク・ワトニーは、すぐさま生きのびる手立てを考え始めた。居住施設や探査車は無事だが、残された食料では次の探査隊が到着する4年後まで生き延びることは不可能だ。彼は不毛の地で食物を栽培すべく対策を編みだしていく。一方、マークの生存を確認したNASAは国家を挙げてのプロジェクトを発動させた。様々な試行錯誤の末、NASAが編み出した方策とは? 宇宙開発新時代の傑作サバイバルSF。(ハヤカワ書房HPより)


 何度も涙ぐんだ・・・。

 クルーが救出のために再び火星へと向かう場面。
 もちろん、マーク・ワトニーが無事に火星から脱出する場面。
 エトセトラ。

 火星は容赦なくマークに襲いかかる。
 ハブの爆発による通信の途絶。ローバーの横転。行く手を阻む砂塵嵐。打ち上げ時の高度不足!
 ただ、次から次へとマークを襲うそれらの事態はすべて「起こりうる事態」(不自然さのない、必然の事態)であり、だからこそ、余計な雑念もなくはらはらし続ける。

 主人公マーク・ワトニーの性格は、自分が(こうありたいな)という、人間の理想像だと思う。
 協調性と独立心を兼ね備えている。該博な科学知識を持っている。それを行動力で活かすことができる。常にユーモアを忘れず、諦めない。
 そういう人に私はなりたい。

 この物語にもう一つ流れているのは、マーク・ワトニーの孤軍奮闘のほかに、人々の相互補助というテーマ。クルーやNASAの職員や両親や大衆やマスコミや他国の宇宙開発組織や・・・諸々の人々の助け合いと思いやり。感動と同時に身につまされるものもありました。もっと、自分もなにかに手をさしのべなければ。

 映画も公開されるようなので、ぜひ見に行きたいです。
 すてきな読書タイムでした。

 上の感想はこちら
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

カウンター

アクセス解析

プロフィール

Copyright ©  -- モラトリアム --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]